NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 「王になった男」ヨ・ジング、眼差し一つで圧倒

「王になった男」ヨ・ジング、眼差し一つで圧倒

470ジング(3)



[韓国エンタメニュース]
 
 
tvN月火ドラマ「王になった男」ヨ・ジングが重厚で鋭いカリスマ性を爆発させ、緊張感を最高潮に引き上げた。
 
19日、韓国にて放送された「王になった男」では自身の正体を自供したハソン(ヨ・ジング)がシン・チス(クォン・ヘヒョ)の脅迫に膝を折り、危機を迎えた。
 
しかし、王が重罪人を尋問する席でハソンが罪人として指した者はイ・ギュ(キム・サンギョン)ではなくシン・チスだった。返り討ちに合った悔しさに身悶えするシン・チスの首に剣を当て、ハソンは鋭い復讐を予告したのだった。
 
また、先日の放送では妹ダルレ(シン・スヨン)との切ない再会も描かれた。シン・チスの証人として宮廷に連れてこられたダルレは一目で王に成りすました兄の存在に気付いた。しかし、彼女は真実を語ればハソンの立場が危うくなることを直感し「私の兄はもう世の中にいない」という嘘をつき、ハソンはもちろん視聴者の心までを締め付けた。しかし、兄妹はまたも別れの瞬間を迎えることになる。「一生王の役割をするわけにはいかないじゃない」というダルレの言葉に心を痛めたハソンだったが、宮廷を抜け出せない運命。ただ去るガプス(ユン・ギョンホ)とダルレを見送り、幸せを祈ることがハソンの出来る最善だった。涙の代わりに明るい笑みで手を振るダルレの最後の挨拶に涙を流すハソンの姿は視聴者に感動を与えた。
 
その後、続く拷問にも自白を拒否し続けたシン・チスには斬首刑が言い渡された。ハソンはダルレをひどい目に遭わせたシン・イギョム(チェ・ギュジン)にも刑罰を命じ、親子共に投獄される。しかしシン・チスは獄中でも計略を巡らせ、ハソンをさらに深い危機の沼に追い込んでいた。
 
一方、ソウン(イ・セヨン)は自分が妊娠できない体だということを知った。これまで内医院から贈られてきた百花茶が不妊を誘発させる原因だったのだ。衝撃と悲しみに陥ったソウンを見たハソンはそれが大妃(チャン・ヨンナム)の仕業だと悟った。大妃の前に茶葉が入った筒を投げつけながらハソンの怒りは頂点に達した。さらに大妃の挑発に耐えることができなかったハソンは大妃を廃位にするという話を取り上げ、大妃との溝を深めた。そんな中、大妃の廃位の手続をするため、ソウンの父親(イ・ユンゴン)を迎えに行ったイ・ギュが絶命しているユ・ホジュンを発見する衝撃的なエンディングが繰り広げられ、ハソンに訪れるさらなる危機を暗示した。
 
このように、ヨ・ジングは同日の放送にて極悪な逆賊シン・チスに向けて怒りの演技を爆発させ、ドラマに緊張感を与えた。また、妹とのシーンでは彼女の後ろ姿を見守る切ない眼差しや涙を見せ、圧巻の演技を披露した。視聴者たちは回を増すごとに深みを増すヨ・ジングの演技に感嘆し、熱い反応を示している。
 
「王になった男」は韓国にて毎週月・火曜夜9時30分より放送中。
 
 
写真提供: tvN「王になった男」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る