NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • ヨ・ジング&ミナ(Girl’s Day)を「絶対彼氏。」原作漫画家が大絶賛!

ヨ・ジング&ミナ(Girl’s Day)を「絶対彼氏。」原作漫画家が大絶賛!

【서울=뉴시스】 절대그이(사진=SBS 제공)



[韓国エンタメニュース]



漫画家 渡瀬悠宇がSBS新水木ドラマ「絶対彼氏。」の主役であるヨ・ジングとミナ(Girl’s Day)を応援した。


「絶対彼氏。」は愛に傷つき鋼鉄の心になってしまった特殊メイクアップアーティスト ダダ(ミナ)と、熱くピンクの心臓を持つ恋人用フィギュア ゼロナイン(ヨ・ジング)が繰り広げるラブロマンス。ヨ・ジング、ミナに加え、ホン・ジョンヒョンが実は脆いトップスターマ・ワンジュンを演じる


原作作家である渡瀬悠宇は13日、SBSを通じて「活躍中の俳優が大勢参加して驚いた。可愛くて格好良い。脚色したドラマ脚本もとても面白い」とし、「韓国版『絶対彼氏。』は原作の妙味と主題を生かし、キャラクターの持つ魅力を十分に発揮する素晴らしいドラマになるのではないかと思う。この作品は大人のための童話だ。純粋で条件のない愛を語る。『絶対彼氏。』のキャラクターが視聴者の心に届き、温かさを感じていただければ嬉しい」と伝えた。


続いて「日本版ドラマ放送以後、初めて韓国で映像化するという話を聞いた」とし、「韓国で作れば必ず良い作品が出来るだろうと思い、すごく嬉しかった。放送するまでの道のりは長かったが、待ちに待っただけに初放送が始まる今、嬉しいしときめく」と付け加えた。


最初に「絶対彼氏。」を企画した時については、「インターネットが生活の中に根を下ろす頃だった。ふと通信販売で恋人を特別注文できるんじゃないかと思った。私の作品は10代の少女たちを対象としてコミカルでファンタジー的な感じを強く生かした。愛に不慣れな高校生が夢のような経験を通じて大人になる過程を描きたかった」と説明した。


また、「スペクタクルな韓国の時代劇が大好きだ」という渡瀬作家。「日本版Blu-rayボックスもいくつか買った」とし、最も好きな作品は「ホジュン」だと明かした。


一方、「絶対彼氏。」はユン・シユン主演「魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋」(2016)のヤン・ヒョクムン作家とユン・シユン&パク・シネ主演「となりのイケメン」(2013)のチョン・ジョンファ監督がタッグを組み、100%事前制作された作品。韓国にて15日午後10時より放送スタート予定。



写真提供:SBS「絶対彼氏。」



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI



一覧に戻る