NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 「絶対彼氏。」愛を求めるヨ・ジングVS別れの理由が明かされたホン・ジョンヒョン、ミナの選択は?

「絶対彼氏。」愛を求めるヨ・ジングVS別れの理由が明かされたホン・ジョンヒョン、ミナの選択は?

ED4D6E86-91C6-47DF-9151-72CBF98FC0DE


[韓国エンタメニュース]
 
 
「絶対彼氏。」ヨ・ジングとミナ(Girl’s Day)、ホン・ジョンヒョンの三角ロマンスが衝突した。
 
6日、韓国にて放送されたSBS水木ドラマ「絶対彼氏。」第15、16話にてロボットヨ・ジングは回路にもない“愛を受けたい”という感情に混乱し、ミナは献身的な愛を注ぐヨ・ジングと脅迫を受け無理に自分へ別れを告げたホン・ジョンヒョンとの間で葛藤した。ホン・ジョンヒョンは逃した愛を取り戻そうと必死にもがき、突然倒れてしまう姿でエンディングを迎えてお茶の間を驚かせた。
 
劇中にてゼロナイン(ヨ・ジング)はオム・ダダ(ミナ)から愛されたいという強い感情に包まれ、“愛される大作戦”に突入した。ゼロナインはダダを心配するマ・ワンジュン(ホン・ジョンヒョン)に怒り反抗し、隣にいる男たちに嫉妬した。また、女性たちを惚れさせる三つの要素が“ブルドーザーのような魅力”、“母性愛刺激”、“迫力と覇気”という言葉を聞いたゼロナインはダダに力強い愛情表現を試すかと思いきや、水を浴びて拭いてくれと頼んだり、壁へ追い込んでキスをしてもらおうとするなどの行動を繰り広げ、ダダから「スイッチ消さないと」と脅され落ち込んでしまった。
 
ダダは突然“愛されたい”と近づくゼロナインに戸惑いながらも、絶えず自分の周囲をうろつきながら心を打ち明けないマ・ワンジュンを苦しめた。ワンジュンはゼロナインとダダが恋人という仲だけでは足りず同じ家で暮らしていたことを知り、嫉妬心に燃え上がったが、これまで“オム・ダダと別れろ”という脅迫を受けていたせいで彼女を遠ざけたという事実には言及できなかった。しかし、自身の家にまで配達された脅迫ボックスを見た後すべての状況を知ったダダはゼロナイン置いてワンジュンの家に駆け付けた。続いて、風邪を引いて真っ白な顔色で倒れているワンジュンを発見、彼を抱き込むシーンでエンディングを迎え、さらにひやっとする“三角愛の物語”を予感させた。
 
そんな中、ゼロナインを注文した財閥の相続女ダイアナ(ホン・ソヨン)がゼロナインを手にする日が遅れていることに「もううんざり、うんざり、うんざり!」と忍耐心が限界に達した姿で登場、一触即発の緊張感を呼び起こした。
 
このように、次回の展開に関心が集まる「絶対彼氏。」は韓国にて水・木曜午後10時より放送中。
 
 
写真提供: SBS「絶対彼氏。」
 
 
韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る