NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 「絶対彼氏。」ヨ・ジング×ミナ(Girl’s Day)、笑顔溢れるビハインドカット公開

「絶対彼氏。」ヨ・ジング×ミナ(Girl’s Day)、笑顔溢れるビハインドカット公開

470ZETTAI



[韓国エンタメニュース]



SBS水木ドラマ「絶対彼氏。」ヨ・ジング、ミナ (Girl’s Day)の笑いに満ちたビハインドが公開された。


終了まで8回を残し、目まぐるしい展開を見せている「絶対彼氏。」は最上位VVIPの秘密の注文から誕生した最先端の恋人用ロボット ゼロナイン(ヨ・ジング)が、7年間の献身的な愛に疲れ心を閉ざしてしまった特殊メイクアップアーティストオム・ダダ(ミナ)の元に現れ展開されるロマンチックコメディ。ヨ・ジングとミナはどのような逆境にも揺らぐことなく互いを慰め愛する“ヨンタカップル”として活躍し、純粋なラブストーリーを披露しながら感動と甘いときめきを与えている。


これに関連し、ヨ・ジングとミナが笑いを止められない様子の楽しい現場が公開され注目を集めている。


まず、ヨ・ジングは劇中の彼女オム・ダダのために誕生した後、初めて遊園地でのアルバイトに挑戦する天真爛漫なロボット ゼロナインを熱演しながら、お茶目な様子で現場を盛り上げた。スチールの彼は遊園地の職員が着るドラキュラの服を着て「吸血鬼だから牙が必要だ」と言って現場のスタッフたちの笑いを誘った。


さらに彼は劇中のライバルであるマ・ワンジュン(ホン・ジョンヒョン)のマネージャーとして就職した後、トップスターの機嫌を損ねず安全運転をしなければならない状況を演じた。物差しで測ったように完璧な運転実力を披露したヨ・ジングは撮影を終えた後、相次ぐ歓呼に恥ずかしがる姿で爆笑を誘い、和気あいあいとした雰囲気を作った。


また、ミナは疲れ知らずの熱情と配慮で現場の活力剤として活躍した。特に彼女は劇中にて事故のような口付けを交わしたゼロナインが自分を絶えず追い回し、彼から逃げる真昼の追撃戦のシーンを撮影していた状況。ミナは日陰のない通りを走り続けたにもかかわらず、カット音とともにりりしい微笑みを浮かべ、むしろ撮影で大変だったスタッフのコンディションを聞くなど、輝く配慮で現場を温めた。


さらに、ミナは劇中の自宅での撮影はセットにて、仕事場の撮影は放送局でと、場所の移動が頻繁だったが、いつも現場に着くと重い荷物を引いて撮影を準備しなければならないスタッフたちを真っ先に配慮しながら元気づけてきたという。


制作陣は「ヨ・ジング、ミナのように1秒も無駄のない素敵な俳優たちと撮影すること自体が喜びだった」とし、「撮影現場でいつも熱心なことだけでは足りず、同僚たちスタッフらを絶えず配慮してくれたから『絶対彼氏。』がさらに良い作品に仕上がったようだ。二人の演技は終りに近づくほど一層絶頂に向かう予定なので、多くの期待をお寄せください」と伝えた。


一方、「絶対彼氏。」は韓国にて毎週水・木曜午後10時より韓国にて放送中。



写真提供:APOLLO PICTURES



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る