NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • イ・ジョンジェ×ヨ・ジング、「代立軍」6月公開決定&1次ポスター公開!

イ・ジョンジェ×ヨ・ジング、「代立軍」6月公開決定&1次ポスター公開!

1-470-restmb_jhidxmake-(1)



[韓国エンタメニュース]



2017年、21世紀FOX Koreaの期待作「代立軍」が来る6月の公開を決定、播遷と分朝を意味する1次ポスター2種を公開した。


映画「代立軍」(監督チョン・ユンチョル/制作REALIES Pictures)は、壬辰倭乱(日本では文禄・慶長の役)当時、播遷(はせん・遠くさすらうことの意)した父の代わりに分朝を率いなければならなかった息子光海と、軍役を代わりに率いた“代立軍”のストーリーを描いた作品。


公開された「代立軍」1次ポスター2種は、朝鮮の歴史上、最も残酷な戦争といわれる壬辰倭乱当時、王が都を捨て避難するという状況を意味する播遷と、避難する王が朝廷を二つに分け幼い皇太子に戦争中の朝鮮を任せた分朝との2種類となる。


播遷編ポスターは、民と国を捨てて急遽避難をする先王の御輿行列を見つめる光海を描いている。 戦争のため、まだ幼い年齢で父に代わって分朝を率い国を守らなければならない皇太子の悲しみと恐怖が共存する光海の後ろ姿が目を惹き付ける。 “1592年壬辰倭乱、王が国を捨てた”というコピーは、時代を重ねても繰り返される歴史に向き合わなければならない大韓民国の国民の胸に深く入り込んでくる。


また、分朝編のポスターは、壬辰倭乱当時、朝廷が二つに分かれて幼い光海(ヨ・ジング)が分朝をリードしなければならない状況を絶妙に表現した。軍役を代わりに行う代立軍の隊長トウ(イ・ジョンジェ)のシルエットが王と代立軍の運命的な出会いを思わせる。


一方、映画「代立軍」は代立軍と光海の分朝一行がどうやって危機に陥った朝鮮を救うのかが最大のポイントだ。特に代立軍の隊長を演じるとトウ役のイ・ジョンジェ、光海役のヨ・ジングを始め、キム・ムヨル、イ・ソム、パク・ウォンサン、ペ・スビン、キム・ミョンゴン、パク・ヘジュンなど韓国映画界を牽引してきた演技派俳優達の熱演が期待を高める。

また何より、現在の韓国の状況と照らし合わせても、播遷と分朝という政局は大きなイシューとして観る人に共感を与えるであろう。



2-470-restmb_jhidxmake



映画「代立軍」は、6月に韓国にて公開予定。



写真提供:21世紀FOX



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る