NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • ドラマ「サークル」ヨ・ジング×キム・ガンウ、時空を超えたカリスマ対決

ドラマ「サークル」ヨ・ジング×キム・ガンウ、時空を超えたカリスマ対決

470-1493079510_1234442



[韓国エンタメニュース]



「サークル」が現在と未来を繋ぐ新しいドラマの誕生を予告した。


25日、ケーブルTV局tvNの新月火ドラマ「サークル:繋がる二つの世界」(脚本キム・ジニ、演出ミン・ジンギ)(以下「サークル」)の公式ポスターが公開された。繋がった2つの時代、現在と未来が共に収められたポスターを公開、注目を集めている。


「サークル」は、一人の人物が現在と未来をタイムスリップするのではなく、2017年、2037年の2つの時代のストーリーが1話の中で一緒に展開して行く、いわゆる“ダブルトラック”形式の新しいドラマだ。公開されたポスターにも、現在と未来、2つの時代が繋がっているというコンセプトが溶け込んでいる。


まず、ヨ・ジング、コン・スンヨンは、2017年を背景に“Part1:ベータプロジェクト”にて、大学の同級生として登場し、共演する。ポスターの中のヨ・ジング(キム・ウジン役)はカリスマのある眼差しで誰かを凝視しており、コン・スンヨン(ジョンヨン役)は正面をまっすぐにみつめている。果たして2人の大学生がどのような未知の存在によって予測不可能な事件に巻き込まれるのか、興味をそそる。


2037年の未来を背景に繰り広げられる“Part2:かっこいい新世界”では、キム・ガンウとイ・ギグァン(Highlight)がそれぞれ違った魅力を演じている。劇中、一般地区のベテラン刑事を演じるキム・ガンウ(キム・ジュニョク役)は、近づきがたいほどのカリスマを誇っている。高度な技術で建設されたスマート地区の市役所に勤める公務員イ・ギグァン(ホス役)は、何を考えているのがわからない微かな微笑みを浮かべている。


果たして現在と未来が繋がった「サークル」とはどんな姿なのか、ミステリー事件の正体は一体何か、また、主演俳優たちのケミストリーが関心を集めている。


一方、ドラマ「サークル」は「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の後続として、5月22日23時より、韓国にて放送開始予定。



写真提供:CJ E&M


韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る