NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 「サークル」ヨ・ジングの圧倒的活躍が期待される理由

「サークル」ヨ・ジングの圧倒的活躍が期待される理由

1-470-사본--^242AE62B4A8BA6A734D31D6E51471BCE0508F6F20B24CEB9BD^pimgpsh_fullsize_distr



[韓国エンタメニュース]



tvN初のSF追跡劇「サークル:繋がった二つの世界」のヨ・ジングが彼ならではの演技力で撮影現場を圧倒している。


ヨ・ジングはtvN新ドラマ「サークル:繋がった二つの世界」(以下「サークル」)にて、誰よりも現実を一生懸命生きている大学生のキム・ウジン役を演じている。


「サークル」は2017年と2037年、二つの時代の大韓民国を舞台に繰り広げられるSF追跡劇。2017年に起きる未知の存在による疑惑の殺人事件を追う“Part1:ベータプロジェクト”と感情が統制された2037年の未来社会“Part2:素晴らしい新世界”を背景に2人の男がミステリアスな事件を追跡していく過程を描く。現在と未来を行き来するタイムスリップではなく、異なっていながらも繋がった二つの時代のストーリーが一話の中で描かれる“ダブルトラック”形式の新しいドラマで放送前から注目を集めている。


ヨ・ジングが演じるキム・ウジンは、2017年を舞台にした“Part1:ベータプロジェクト”をリードしていく人物。現実主義の秀才で人のことには終始無関心、自分の前だけを見て走る直進型人間だ。 宇宙人陰謀論に心酔している問題児の双子の兄キム・ボムギュン(アン・ウヨン)が相次いで起こる疑惑の死に巻き込まれることから事件の真相を追うことになる。


ヨ・ジングはいくつかの事情を抱えたキム・ウジンの複雑な感情表現を、子役時代から培ってきたしっかりとした演技力でパーフェクトに演じ、強烈な視線と特別な存在感で撮影現場を圧倒している。一瞬でキム・ウジンに入り込み、近づきがたい程のフォースを発揮するヨ・ジングに制作陣から賞賛が上がっているという。


演出を担当したミン・ジンギPDは、「あまりにも演技力のある俳優なので、撮影現場で見せてくれるオーラとフォースがまさに卓越している。目だけでたくさんのストーリーを伝えることのできる俳優」とし、「『サークル』を通じてまた一つ、俳優人生最高の演技を見せてくれるものと確信している。彼本人の演技を上回るヨ・ジングの新しい姿を見ることができるだろう」と絶賛した。


更に、「キム・ウジンは多くの事情を抱えており、容易には演じられない人物だ。しかし、ヨ・ジングはNGがほぼないほど完璧に(役に)入り込んでいてヨ・ジングなくしてウジンを想像することができなくさせる。ヨ・ジングはウジンそのもので、彼に驚かされる時が1、2回ではない。ヨ・ジングが見せるキム・ウジンと『サークル』に大いにご期待下さい」と説明した。



2-470-사본--jpg42AE62B4A8BA6A734D31D6E51471BCE0508F6F20B24CEB9BD^pimgpsh_fullsize_distr



毎回斬新な素材の作品で好評を得ているtvNが新たに挑戦する作品で、放送前から関心と期待を集めている「サークル」は5月22日韓国にて初放送予定。



写真提供:tvN



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る