NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • ヨ・ジング主演ドラマ「サークル」最終回まで残すは4話…、本当の逆転はこれから!

ヨ・ジング主演ドラマ「サークル」最終回まで残すは4話…、本当の逆転はこれから!

470-2017061908222908066d3244b4fed581404958



[韓国エンタメニュース]



「サークル:繋がった二つの世界」で、ヨ・ジングを巡る衝撃的な真実への幕がいよいよ開かれる。


最終回まであと4話となったtvNの人気ドラマ「サークル:繋がった二つの世界」(以下「サークル」)側は19日、9話の放送を控え、スチールカットを公開した。


公開された写真は、2017年“Part1:ベータプロジェクト”と2037年“Part2:素晴らしい新世界”を繋ぐ事件の核心部分を見せている。傷だらけになった顔でパク・ドンゴン(ハン・サンジン)に会いに行ったキム・ウジン(ヨ・ジング)とハン・ジョンヨン(コン・スンヨン)が浮かべる切実な表情は何を意味するのか。2037年、パク・ドンゴンがヒューマンビー会長であることが明らかになったが、2017年ではまだその真実には近づけてはいない状況だ。キム・ウジンとパク・ドンゴンが会ったことで2037年にどんなバタフライ効果を見せるのか、関心が集まっている。


“Part2:素晴らしい新世界”では、パク・ドンゴンの頭に銃口を向けているキム・ジュニョク(キム・ガンウ)の姿が収められている。依然として行方不明の弟キム・ウジンを見つけようと必死なキム・ジュニョクの切迫した心境が表れている。スマート地区にて絶大な力を持つパク・ドンゴンと対立したキム・ジュニョクがどうなるのか、ウジンの行方への手がかりを見つけることができるのか、好奇心を刺激する。


残り4話となり、最終章に向けて走る「サークル」は、ヒューマンビー会長の正体を明かし、再びストーリーに逆転をもたらした。“ヒューマンビーの会長はウジンの可能性がある“と発言していたパク・ドンゴンがまさにヒューマンビー会長であったことで、果たしてパク・ドンゴンはウジンの行方を知っているのか、緊張感が更に高まっている。


「サークル」制作関係者は、「最終回まであと4話となり、更に緻密に走り続けるストーリー展開の中、二つの世界を貫通する“たった一つの真実”の実体が明らかになる」、「中でもヨ・ジングを巡る衝撃的な真実が明らかになる予定なので見逃さずに、一緒に見守ってほしい」と語った。


緻密なストーリー展開と重みのあるメッセージで視聴者から絶大な支持を得ているドラマ「サークル」第9話は、本日19日、夜10時50分より、韓国にて放送される。



写真提供:tvN



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る