NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • ヨ・ジング主演ドラマ「王になった男」、台本リーディング現場公開‼

ヨ・ジング主演ドラマ「王になった男」、台本リーディング現場公開‼

201810310804000410_1


[韓国エンタメニュース]
 
 
俳優ヨ・ジングとイ・セヨンの出演と共に、イ・ビョンホン主演の大ヒット映画のリメイク作品として話題を呼んでいるtvNドラマ「王になった男」のダイナミックな台本リーディング現場が公開された。
 
2019年初めに放送予定のtvN「王になった男」は、反乱と王位をめぐる権力争いによって混乱がピークに達した朝鮮中期、王のイ・ホンが自らの命を狙う者たちから逃れる為、瓜二つの道化師ハソンを宮殿に迎え入れ繰り広げられる物語で、2019年上半期の期待作として注目を集めている。
 
「王になった男」台本リーディングは8日、ソウル・上岩洞にてキム・ヒウォン監督、キム・ソンドク作家、シン・ハウン作家をはじめ、ヨ・ジング(ハソン/イ・ホン1人2役)、イ・セヨン(ユ・ソヨン役)、キム・サンギョン(イ・ギュ役)、クォン・ヘヒョ(シン・チス役)、チャン・グァン(チョ内官役)などすべての俳優が参加し進行された。
 
台本リーディングに先立ち、キム・ヒウォン監督は「キャスティングに長い間力を入れてきただけに、切実に望んでいた方々と今日はやり甲斐を感じる」とし、「とても感謝し幸せだで胸がいっぱいだ」と話した。続いてキム・ソンドク作家は「あまりにも望んだ瞬間だ。長い間待ち続けた作品なのでそれ以上望むものはない。最善を尽くしたい」と抱負を語り、俳優とスタッフは歓呼しながら拍手を送った。
 
本格的な台本リーディングに入ると、俳優らは役柄に完璧に入り込み、渾身の熱演を繰り広げると共に、スピード感のある呼吸で現場を圧倒した。特に劇中にて道化師のハソン役と王イ・ホン役の1人2役を演じることになったヨ・ジングは、役によって180度異なる雰囲気で目を引いた。王イ・ホン役をこなす時は魅力的な中低音のボイスで重みを持たせつつ、次第に狂気の漂う姿を表現して鳥肌の立つような演技を披露したかと思えば、道化師ハソン役を演じる時には、図々しくも可愛らしい姿を見せ、一同を笑顔にさせた。
 
一方、ハソンとイ・ホンが愛した女性ユ・ソウン役のイ・セヨンは、一言一言を押し出すような落ち着いた口調と慈愛に満ちた魅力で現場を掌握した。何よりヨ・ジングとイ・セヨンの二人は台本リーディングだけでもピンク色の雰囲気を醸し出し、これから披露する彼らの呼吸にも期待が高まった。
 
この他にも、王イ・ソンのために道化師ハソンを宮中に招くイ・ギュに扮するキム・サンギョンは「明日も最善を尽くします」とユニークな挨拶を伝えたのち、ヨ・ジングと共にシリアスとコミカルな演技を行き来しながら抜群の呼吸を披露、また、原作映画に引き続きハソンの助力者であるチョ内官役を演じるチャン・グァンはソフトなカリスマを披露する一方、ヨ・ジング、キム・サンギョンと共に愉快なケミ(相性)を作り出し、現場を笑いに包んだ。
 
「王になった男」制作側は「2年以上の長い間作品を企画しただけに、最高の俳優軍団が完成した」とし、「彼らの爆発的なシナジーで満たされる『王になった男』に多くの期待と関心をお寄せください」と伝えた。
 
一方、「王になった男」は来年初め、韓国にて放送予定。
 
 
写真提供:tvN「王になった男」



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI
 

一覧に戻る