NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 「王になった男」、監督がヨ・ジングをキャスティングした理由とは?

「王になった男」、監督がヨ・ジングをキャスティングした理由とは?

470ジング(2)(1)



[韓国エンタメニュース]



「王になった男」キム・ヒウォン監督がヨ・ジングとイ・セヨンのキャスティングについて言及した。


3日午後、ソウル・インペリアルパレスにてtvN新月火ドラマ「王になった男」の制作発表会が開かれ、キム・ヒウォン監督をはじめ主演のヨ・ジング、イ・セヨン、キム・サンギョン、チョン・ヘヨン、チャン・グァン、クォン・ヘヒョらが出席した。


同日、キム・ヒウォン監督は原作映画との違いについて「似たニュアンスのシーンが1話にあるが、王の代わりになる人物の意志がどこまで入っているかが重要だと思った。ドラマでは原作とは違い、主人公の意志が強く働く事件が発生する。その点から原作と違う」と明かした。


「いくら同じシーンを撮ろうとしても俳優が違うため違う。ハソンという少年のエネルギーを持った人物とイ・ギュという青年のエネルギーを持った人物がぶつかりながら現れるシナジーがある」とし、「原作では王と都承旨の年齢も似ておりケミストリーも似ていたとすれば、ドラマは違う感じだ。1話をご覧になれば相違点を感じて頂けるでしょう」と語った。続いて「原作を見た方々も失望しないように上手く作るのが私たちの目標」と付け加えた。


ではヨ・ジングとイ・セヨンを主人公にした理由は何だろうか。キム監督は「1人2役なので負担でもあるが、原作の俳優たちの強烈な演技の負担感に勝つのは難しい」とし、「純粋に自分だけ考えて突破する力が必要だが、ヨ・ジングはそんなエネルギーを持った人物だ。一人でうまく切り抜けられる力があって、演技に対するマインドも備えた俳優」と褒めたたえた。


イ・セヨンについては「初めて会った時、話を長くした。ユ・ソウンは他のキャラクターに比べて相対的に静寂なので演技するのが本当に難しいキャラクターだ。その中で信頼感のある人でなければならなかった」とし、「イ・セヨンほど全世代に演技力で安定感を与える俳優は多くない。演技について謙虚なマインドを持っているためキャスティングした」と明らかにした。


一方「王になった男」は、反乱と王位をめぐる権力争いによって混乱がピークに達した朝鮮中期、王のイ・ホン(ヨ・ジング)が自らの命を狙う者たちから逃れる為、瓜二つの道化師ハソン(ヨ・ジング1人2役)を宮殿に迎え入れ、繰り広げられる物語。2012年に韓国公開されたイ・ビョンホン主演映画のリメイク作品であり、チャン・ヒョク主演「カネの花」を演出したキム・ヒウォン監督とキム・ソンドク&シン・ハウン作家がタッグを組む。韓国にて7日夜9時30分より放送スタート予定。



写真提供:tvN



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


一覧に戻る