NEWS お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • ヨ・ジング、「イ・ビョンホン先輩の役、僕でよいのか苦悩」

ヨ・ジング、「イ・ビョンホン先輩の役、僕でよいのか苦悩」

470ジング(3)



[韓国エンタメニュース]



「王になった男」ヨ・ジングが原作の主人公イ・ビョンホンとの比較について意見を伝えた。


3日午後、ソウル・インペリアルパレスにてtvN新月火ドラマ「王になった男」の制作発表会が開かれ、キム・ヒウォン監督をはじめ主演のヨ・ジング、イ・セヨン、キム・サンギョン、チョン・ヘヨン、チャン・グァン、クォン・ヘヒョらが出席した。


原作にてイ・ビョンホンが演じた1人2役をドラマではヨ・ジングが演じる。イ・ビョンホンとの比較についての質問にヨ・ジングは「原作については僕も面白く見た作品でした。そのため実はかなり悩みました。この作品を僕が引き受けてもいいのか、と思いました」と切り出したが、「しかし俳優として1人2役という役割を担う機会がどれほどあるかと思い、そのときから欲が出ました」と語った。


続いて「魅力のあるキャラクターだったからこそ、僕も一度やってみたいと思いました。そこで僕1人ではなく現場で先輩たちもいらっしゃるので、多くの方々に助けてもらってお見せしたら喜んでいただけるのではないかと思います」と伝えた。


一方、「王になった男」は韓国にて1200万人を動員したイ・ビョンホン主演映画を原作とするリメイク作品で、韓国にて1月7日夜9時30分より放送スタート予定。



写真提供:tvN



韓国エンタメ総合情報サイトKOARI


一覧に戻る